リトリート前のロンドン観光も無事終えて いよいよグラストンベリーのチャリスウェルでのリトリートの当日です!

初日はグラストンベリーまで行く途中にストーンヘンジでの観光も入っています。

 

 

 

stonhenge 6

じゃーん!!   この日、18日に行ったストーンヘンジ。

 

 

 

前もって作ったリトリートの3日間の内容(流れ)はこちら。
18日-9時 パディンドン駅に集合し、車で移動
ストーンヘンジへ(1時間30分滞在)
グラストンベリー、チャリスウェルに14時到着しチェックイン
ランチ
イメージ瞑想 (この2日間の目的-どんな自分になっていたいかなど)
夕食
7時―9時 前世療法グループワーク
「現在に影響している前世の自分に会いに行く、対話する」
就寝

19日-天使ワーク
「その人をサポートしている3人のガーディアンエンジェルと出会う」
ランチ (チャリスウェル宿泊先で)
天使ワーク
17時-19時 夕食
19時30分―21時30分 未来(世)療法グループワーク
(何年後の未来を見るかはそのときみんなで決める)
就寝

20日-10時30分 チェックアウト
観光 (グラストンベリー トーとグラストンベリーアビーへ)
16時 チャリスウェルより車でロンドン、パディンドン駅へ

 

予定と実際の行動はなかなか一致が難しいときもあるもので、大体はスケジュールどおりに進みましたが グラストンベリーの町(お土産を買う時間)なども設けてかなり内容の濃い、毎日スケジュール一杯!!のリトリートとなりました。

あと、ここは2本のレイラインが交差しているところという事をもっと頭に入れていたほうが良かったかも。。。

 

 

どこが一致しなかったって? 何を頭に入れておく。。。?

それは ブログの中にさりげなく少しですが書いてあったりします。。。。

 

 

 

stonehenge

 

 

4月18日。グラストンベリー、チャリスウェルでのリトリートの第一日目。

少しでも長くストーンヘンジにいれたほうが良いでしょう、という車送迎をお願いした会社の方の有り難い計らいで 8時半にパディンドン、滞在していたホテルと駅の前で待ち合わせ。

まずはストーンヘンジへ、と出発しました。

 

 

昨年も写真の撮りましたが、上記のように途中に菜の花などの黄色の素敵な景色や

 

 

stonehenge 1

放し飼いの豚さん達と豚さんたちの小屋が。。。。

放し飼いの豚のお家ってこんなんだったのかあ。。。。知らなかった。

 

 

そんなことまでご存知なドライバーさんの観光案内がまた素晴らしい。

へえー。。。。と景色を見ながら、しかもぽかぽか暖かくて良い気持ちなはずなのに。。。。

 

 

 

あれ?私、気持ち悪い。。。車酔いかしら?  頭がぐるぐるする。。。。

頭だけでなく背中のほうからもぐるぐる、ざわざわ。。。。冷汗が出てきて、休憩によってもらいました。

休憩のスターバックスでは皆中に入ってコーヒーなど飲んでいる中、私は風がふいて寒いのですが外でできるだけ太陽が当たるところを求めて座っていました。

中に入るとまだなぜか頭がぐるぐるするので。。。外にいると寒いけど気持ち良く、気分は楽に。

何時までも休憩しているわけには行かないので 出発。

 

 

ストーンヘンジまでの道のりやグラストンベリーへの道のり。。。。確かレイライン上だったっけ。。。?

いや他の体調的な理由かな?(疲れとか)回転する乗り物に乗って頭がぐるぐるしているみたい。。。

これはできるだけ眠っていたほうがいいのかも?と一人相変わらず無口に、寝たり起きたり。。。

 

 

休憩からすぐにストーンヘンジへ到着。

 

 

stonehenge entrance

ストーンヘンジへ行くエントランス。

このエントランス、5年位前にできたらしい。びっくり。昔来た時にはなかったもの。。。

 

 

エントランス付近に。。。。

 

stonehenge 2

stonehenge 3

 

 

 

 

stonehenge 4

ぱっとメインのストーンヘンジを見て回る短いコースとじっくり一日かけて年代別色々な巨石後など見ることもできる。次回はじっくり一日かけて全部回ってみたい。

 

 

ここから少しはなれたところからメインのストーンヘンジの近くまで行くバスがあり、そのバスで移動。

 

stonehenge entrance 2

stonehenge 7

 

 

 

ここでは全部写真は載せませんが、ストーンヘンジの色々な角度からの色々な表情を写真に。

ストーンヘンジの色々な角度からの表情はとても興味深く 古代はどうだったのかなどの思いをはせながらエネルギーを感じる。

 

 

この日はとても風も強い寒い日でしたが 時間をかけてみんな様々に感じ取っているようでした。

 

 

そして一通り見終わると風で冷えた体を温めるのにランチはスープ系が一番!

 

stonehenge 8

こちらは「ストーンヘンジホットポット」。

 

 

本日のスープも良かったけど(他の皆はこちらをオーダー。トマトとバジルのスープでした。) 「ストーンヘンジホットポット」という名前に引かれオーダーしました。

アイリッシュシチューと同じかな? どっしりと食べ応えありました。しかも温まったわ!

 

食後、一通りお店を見て。。。。見ているとき。。。。

さすがパワーのあるところ。

一瞬大きな地震か!!思わず叫びそうになるくらい揺れたのですが。。。。?????

あれ???? みんな平然と色々と見ている。。。。。

誰にきいても揺れなかった。。。

 

 

そしていよいよグラストンベリーのチャリスウェルへ。

また、頭がぐるぐるしないかなあ??と心配だったので また寝てしまおう!と寝たり起きたり。。。

そして しばらく寝ていたか。。。。グラストンベリーにはいって目が覚め。。。。でもぼーっ。。。。

車の中で皆の可愛い家、綺麗だ。。。などおしゃべりが聞こえる。私の目は開いたり閉じたり。。。。

が!!

さすがにグラストンベリーの中に入るとやらなくてはいけないことがあるので すっかり起きて翌日の朝食やランチなどの食料調達ができるスーパーマーケットに車があるうちに行ってもらい、買い物をしてチャリスウェルに。

 

 

到着!

stonehenge 11

初めてのチャリスウェル滞在。

 

 

早速、皆が車から荷物を下ろしてドライバーさんとお話しをしている間に 私はレセプションでチェックインの手続きを。その後皆で滞在するリトリートハウス、ミカエルハウスへ。

 

 

stonehenge 10案内をしてもらっているときに。 沢山の石たちが。。。ストーンヘンジのよう??

 

 

stonehenge 13

ミカエルハウスの裏庭。

 

 

 

皆でチャリスウェルのレセプションの方が説明してくださることをきく(ハウスルールや鍵の説明など)。

お茶を入れてそれぞれの部屋を選ぼうか。。。というときに丁度タイミングよく電話が。

そして他のメンバーと合流。さっとそれぞれの部屋をもう一度見ながら部屋割りを決め、荷物を置いて夕食へ。
町に出てイタリアン。

 

stonehenge dinner

美味しかった!外れのないイタリアン。ちゃんと本物のイタリアンの方たちがお店をしていらっしゃいます。

 

 

 

 

帰ってきて トップフロアーの瞑想ルームへ。

 

meditation room

この日はこんなに明るくなく、キャンドルをともして瞑想を行いました。

 

 

まず、このチャリスウェルにいる間、そういったことを見つめ、このリトリートが終わる頃にはどういったことを発見し、どんな自分になっていたいか?

 

 

retreat myself

まず私は ずっと忙しく体調も良くない日が続いていたので 自分はどんな状態なのか?もっと自分との対話をして自分はどう思っているのか知りたい、いつも感じていることは本当にそうなのかどうか、確かめたい、という気持ちだったのでこの絵を。

 

 

他の方々は自分をもっと愛せるようになる、とかこのワークショップ中にあることを深く確認したい、そして準備をする、とか自分を浄化し自分の気がついていない質を開花させる、とか場所が地球のハートチャクラなのでハートからこみ上げてくるものを探しハートエンジェルを再生する、チャリスウェルの庭を歩くだけでチャクラが整うようにできているときいているのでチャクラのバランスを整えたい、過去世のカルマや恐れを解放したいなどなど。。。

 

シェアを有難うございます。

 

 

そして、せっかく地球のハートチャクラのグラストンベリーにいるので ハートチャクラのイメージ瞑想、どんな自分のハートのイメージだったのか絵に書き、皆で再びシェア。

 

 

retreat myself1

私の絵。こんな感じだった。

 

他のメンバーは。。。。

凄く素敵なイギリス式のテーブルの前に乗っている。2人の天使にサポートを受けている(心の成長のため)。

ふわふわ羽がついているような注に浮かんでいるような。。。心地よい感じ。朗らかな気分だけれど周りの情景が見えない。

城の台座にある心臓。でも屋外には男の子が。。。。。若さを求めているのか?自分にないものなのか?凄く意外なイメージ。

王冠がハートのイメージ。ハートはぷっくりして立体的。フレッシュでいい感じなのだけれどなぜか涙が止まらない。心を解放?自分の大切にしているものを解放?感覚としてあるけど何かわからない。でも長い間待っているような気がする。

などなど。。。。

 

 

その後、前世療法のワークショップ、「現在に影響している自分に出会う」

ここのふいんきなのか、誘導しているときにふと思ったのがロンドンの家のこと。そこでふとピラミッドがなぜか浮かんできてロンドンの家を囲んでいる。それがだんだん色などから異次元風に。場所的にレイラインの影響でエネルギーが強いので 瞑想ルームのふいんきも手伝って、なんだか異空間のような場所で興味深いイメージが。。。そしてローマ帝国後期の兵士が出てきた。私はまた?とおもい、そのあとであー、この時のことはバランスが取れて終わりなんだ、もすぐ終わり、と感じました。

 

他のメンバーは、ギリシャ時代の男性であった自分で感覚をもっと感じることが大事、とメッセージをもらったり、4,5歳くらいの男の子でいつもニコニコ朗らかな笑顔の男の子であったり、最初男性が出てきて、でも真っ暗で見えないんだけど水を大切に、とメッセージをもらったり人とどう繋がっていけばいいのか?無理しないで一人で生きていけばいいんじゃないのか?などのメッセージ。誘導の際にはすの花が観音様に。そして天使と一緒にキリストが衝天するときに自分が一緒に寄り添っている、凄く幸せな気持ちであったり場所はイギリスで嵐が丘のような場所で石造りの家の中が見える。中には人が居ない。荒野に女性。愛情を大切にしている人。何事にも愛をこめている。どんな形であれ愛を分かち合っていけばよい、などなど。。。。

 

しかし、皆もう凄く眠そう。。。。

このまま深く追求しないでそれぞれの部屋へ行って休みました。お疲れ様でした。

第一日目は有意義に終了。

おやすみなさい。。。。。。。しかし車の中で寝たからか、場所が変わるとなかなかぐっすり眠れないからなのか。。。2時3時くらいに目が覚める。。。また寝ようとする。。。私。

この続きは次回に。