昨日、6月26日金曜日は同じヒプノセラピストの友人との第二回目のソウルメイトに関するワークショップをやりました。

今回は前世療法(Past Life Regression therapy)を使って「最も深い絆のソウルメイトに対面する (Meeting the closest soulmate)」という内容です。

場所は前回は私の自宅でしたが、今回は友人の自宅。

ワークショップの流れは

・挨拶とセラピスト自己紹介

・今日の流れと、避難経路とトイレ等について

・前世療法についての簡単な説明

・トイレ休憩

・セッション前のエクササイズと注意事項

・セッション「一番絆の深いソウルメイトと出会った過去世」

・セッション後、お茶を飲みながらの感想のシェア

images 3

まず自己紹介などのあとに、前世療法の説明。

前世・過去世療法とは

Past Life(前世または過去世)Therapy(療法)とその名のとおり前世療法(過去世療法)のことです。

1958年にアメリカで催眠を医療に使用することが正式に認められるようになりましたが、前世・過去世療法はその催眠療法の一種です。退行催眠により患者の記憶を本人の出産以前まで誘導(過去世退行)し、心的外傷(トラウマ)等を取り除くものです。

アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が催眠療法中に偶然発見したもので、1988年に出版して世界的なベストセラーとなった「Many Lives, Many Masters 」(日本語版は‘前世療法’)という本をきっかけに前世療法が広く知られるようになりました。そして、催眠退行によって出産以前に遡った記憶(前世)を思い出すことにより、現在抱えている病気が治ったりと治療にも役立つともされ、多くのケースで施行され始めました。日本では飯田文彦さんの「生きがいの創造」という本でも前世療法のことが書かれています。

セラピストの誘導によってゆったりとリラックス状態になった中でセッションは進んでいきます。クライアントさん自身は意識もはっきりしていますし、セッションが終わった後も会話も内容もすべて自分で覚えています。

セッションを通してクライアントさん自身が自分の深い意識(潜在意識)に自分で触れることにより、現在の心の問題や状態が比喩や象徴的な表現を使ってまるで前世のことのように物語として現れてくるのがこの療法の特徴です。

過去世のイメージや物語は、クライアントさんの中から出てきたものなので、その人自身の内的世界をあらわしています。セッションを通してクライアントさん自身の深い意識(潜在意識)に自分で触れることのより、先ほども述べたように比喩や象徴的な表現を使ってまるで前世のことのように物語としてあらわれてくるので、必ず過去世が出てきたということではありません。

ですから、出てきた物語はクライアントさん自分自身にわかりやすいような形で出てきている象徴のよううなものなので、その前世にとらわれることなく、そこから現在に関わる何層もの意

味を見出していくことが、気づきも増してセラピー効果も増していきます。そういった意味では、セッションを何度か受けるほうが、効果はさらに高くなると言えます。

今抱えている問題につながる何層もの意味を見出すことで、クライアントさん自身も自分自身で心の奥底に触れることで自然と今世の学びや問題の解決の糸口を見つけたり・・・。そうやって今世をよりよく生きられるように学びや気づきのヒントを増やしていく、また今必要なメッセージを受け取る,そこから自分自身を癒していく・・・前世療法とは、自分自身を自分で見つめなおしながら現在の心の問題に取り組むためのセラピーなのです。

images 13

そしてセッション前によくある質問の説明。

例えば、過去世へのアクセス度の個人差、催眠術との違い、セッション中に意識があることなどです。

 

そのあとに いよいよ前世療法ミニ体験セッション「最も深い絆のソウルメイトに対面する (Meeting the closest soulmate)」。。。。ですが。。。。セッション前のエクソサイズ。

これは10分弱程度のもので右脳へのアクセスを見るためです。また、ミニ体験セッションもそんな風に進むのかわかります。

soulmate workshop 2-1

いつものようにこのエクソサイズは私が誘導します。

今回は前世療法を使ったセッションなのでエクソサイズも前世療法にアクセス(想像しやすい)どんな国や国、時代に惹かれたり、その中で自分はどんな自分なのか。。。という内容で行いました。

ここでは参加者2人ともそれぞれの場所でそれぞれとても幸せな情景を細かくビジョンとして見えたので こちらもとても嬉しかったです。

そして、ようやく前世療法ミニ体験セッションです。

友人が誘導しました。

エクソサイズでもそうでしたが、今回の参加者は2名ということもあり また2人ともアクセスが良いので 私も一緒に参加者のようにしっかりとではないですが参加してみました。

私の見たものは。。。。

まずはリラックスする場所では大きな木の下にいて外はとても暑いのに木の下はとても涼しく快適。ここですでに誰かと一緒に木の下に座っているような感じがしましたが、あまり確認できず誘導は今回は雲に乗って過去世へ移動。でも、ちゃんと雲が思い浮かべられない方のために色々な方法を誘導文に盛り込んであるので私は雲に乗って移動するのと同時に地下のトンネルでも移動。着地地点では雲から降りるのと当時に地下トンネルからも地上に出て まだらな緑の草があるだだっ広い所に立っている。私は10-20代前半の女性。足にはサンダル、服は民族衣装っぽい(中央アジアっぽい)ドレス。赤に真ん中が白かピンク色。ドレス全体に刺繍の模様が。髪の毛は濃い茶色で長く二つに結んでいる。白い肌に目鼻立ちのはっきりの顔立ち。沢山の人たちと一緒。

今度は一番絆の深いソウルメイトと出会った過去世へ行く、と誘導が。

そうしたら だだっ広い草原(といってもまだらな緑の土地)だったのが森の中へ。叉行列で人を訪ねている。大きな屋敷へ。私は20代半ばから30代前半の年齢になっており髪の毛は結んでいない。馬に乗って移動しておりドレスは白いドレスに金色か銀色の刺繍がある。。。。とここで以前見たある友人との前世と重なった。。。そうか、一番絆の深いソウルメイトは。。。そうか。。と納得しながら誘導が今度はソウルメイトと楽しい時間を過ごしている場面へ。

森の中を馬で散歩したり宮中晩餐や街の観光、色々なことを話したり冗談やいたずらをしたり。。。と見ていると、現在へ戻ってくる時間。その前にソウルメイトからお土産を。。。あら。。。うちにすでにある(いつ私の手元に来たのか憶えていない)ラピスラズリや他の石がある鍵の形のペンダントヘッド。それと同時に他の鍵も。。。

そして来たときと同じように雲と地下トンネル同時進行で過去世から現在へ。

images 16

では参加者の2人は?

昼食をとりながら感想シェア。

興味深いことに この参加者お二人。。。お互いにかなり共通のものが見えて。。。(例)数字とか十字架とか)

それぞれ幾通りの意味や気付きを理解し、お互いここにくるべき縁があったようなこともあり 今日は深い意味があるな、と感じたとか楽しかったし今後色々と試してみたい。いろんなことに気付けそう、など楽しんでいただいた感想を頂ました。

注:自分の見えたものを書いて長くなったので。。。次回機会があったら参加者の方の話もシェアしたいと思います。

images 18

さて、この友人と一緒にやるソウルメイトのワークショップ。

次回は7月17日で私の自宅で開催します。

勝手にタイトル周知用もつけて、こちらに。。。

 

 

同じヒプノセラピストの友人と2人で「ソウルメイトとハートチャクラの関連性って?」ミニ体験のワークショップを開催します。

第一回目は6月5日にヒプノセラピーの説明、ソウルメイトの簡単な話のあとに、あなたの理想のソウルメイトとは? どんなソウルメイトに会いたいのか?理由は?など、ミニセッションを通してを考え、第二回目のソウルメイトミニ体験ワークショップでは、ヒプノセラピーと前世療法の説明、前世療法のミニセッションで、絆の深いソウルメイトに会いに行く、そして軽食しながらセッションでどんなソウルメイトにあったのかなど感想シェアをしました。

そして、今回の第三回目7月17日金曜日。こちらではソウルメイトとハートチャクラの関連性やハートチャクラのイメージワークと活性化リラクゼーションを行います。

ソウルメイトとは?
ソウルメイトとは良く一般に考えられている赤い糸でつながれた運命の恋人、という意味だけではありません。
ソウルはsoul「魂」の意味、メイトはmate「友・仲間」の意味です。
魂のつながりがあって、一緒に魂の学びを通してお互い成長していく人です。ソウルメイトにはいろいろな種類があるといわれてます。中にはほんの一瞬しかかかわらない場合もあります。しかし、ソウルメイトとの出会いは、必ず何らかの学びと経験、そして魂の向上をもたらしてくれます。
そんな魂の仲間との出会いについて一緒に考えてみませんか?

ハートチャクラとは?(スピラボより転載)
もしあなたが、「依存や他者をコントロールしたいと言うエゴを手放し、自他共に愛し愛される、真の愛に目覚めたい」と願うのであれば、ハートチャクラを癒し活性化させることが重要です。
ハートチャクラは、下位のチャクラで始まった内なるテーマをさらに発展させ、他人への愛と自分への愛のバランスをいかに取るかが、大きなテーマとなります。このハートチャクラは、下位3つのエネルギーセンターから上位3つのエネルギーセンターへ昇る為の中間地点であり、ここを通ることで私たちは基本的欲求の世界から祝福の世界に入ります。

日時:7月17日金曜日10:30-13:30
場所:最寄の駅 Victoria (参加希望の方に場所の詳細をお知らせします)
参加費:£25

興味のある方はご連絡ください。

 

明日はロンドンブリッジ( London Bridge)での未来世( Future Life progression Therapy)を使ったミニ体験ワークショップ、「未来(世)のあなたはどんなあなた?」

どんなワークショップになるか楽しみです。

images0