世界はイギリスのEU離脱の件で盛り上がっていますが、 この時期ある年齢の子供達は大事な試験の時期。。。

息子もその子供達の中の一人。。。

大事な試験・。。。の日のうちの23日、その翌日の24日。

最悪な天候のせいで地下鉄や電車など混乱。特に23日。。。そう、投票の日。

私や子供達にとっては離脱かどうかよりも試験のほうが大事。。。。一体なんだったんだ、あの混乱は!!

かなりストレスな日となりました。

中にはこの天候のせいで家が浸水したり(特に半地下にある場所)駐車場が。。。と大変なことになっている方もいらっしゃるとか。

が、どんなことがあっても 未来へ続く。。。ネガティブにならず今できることをして明るい未来をイメージしようっと!

一番思うことは 子供や若者達がストレスになるようなことは早くなくなって欲しいということです。

 

 

future life image 5

 

 

さて、 そんな中 薔薇のアフタヌーンティーを楽しみながらのお菓子作りに参加してくださって 薔薇の練り香水とローズウォーターを購入してくださった方から嬉しいメッセージが。。。

 

「練り香水ですが、たまたま顎のあたりにずっと炎症があってなかなか治らなかったんです。
以前はティトリ―オイルを使って治ったんですが今回はなぜか治らなかったです。
早速今週はずっとその練り香水を夜寝る前と朝起きたときに患部につけていたら何とか収まってきました。
がんの手術の傷口を治すのに使ったと聞いたのでこれはと思いました。
ありがとうございました。」
当日はアフタヌーンティーを楽しみながらのお菓子作りだけでなく 薔薇の効用についての説明もしています。
実は江戸時代の日本である方が手術の傷口の消毒にローズウォーターを使用したりしたという内容と他の薔薇の使い方や歴史など話したことを憶えてくださったようで 練り香水(ローズコンクリート)を使用したところ 良くなったようです。役に立ってよかったです! また、そんな使い方もあるのか、とかえって参考になりました。
この練り香水、イギリスではまず手に入らず 似たものがあっても香りがまず違います。
また昨年の薔薇の不足で値上がりが。。。
でも、値上がり前に仕入れていた手元にあるものは値上がり前の金額で提供中。
とてもナチュラルな香りなので 好き嫌いもあるかと思いますが、しっかり薔薇が凝縮された香り。
興味のある方はどうぞチェックしてくださいね。
Kig's rose 4