Monthly Archives: 5月 2017

29 05, 2017

前世療法ミニ体験ー初めての過去世体験

自分の過去世を見てみませんか?

 

 

 

 

 

自分の内なる(潜在意識の)扉を開けて 自分の内なる世界を見る。
もっと自分自身と繋がる。そして、現在の自分のことを良く知る、理解し、より自分らしく生きていくのに、本来の自分を発揮していくのにとても役に立ちます。

ただ単に前世を見たい、興味がある、というだけでも構いません。
興味があるのは大切な第一歩です。

また、以前自分の過去世を見たから、という方も現在の自分に影響をしている過去世はひとつだけではありません。
状況によって影響している過去世も違ってきます。
今、どんなあなたの過去世が影響しているのか、確認してみませんか?

 

ヒプノ(催眠)って受けるのが怖い、あやしい、知らないうちにぺらぺらしゃべってしまったりするかも?自分のいやなところが出るかも?など不安な方もいらっしゃると思います。
催眠といってもかなり軽いもので ただそこに座って瞑想しているのとヾ感覚で周りのことはすべてわかります。安心して試してみてください。

 

 

 

 

 

 

内容の流れ
1.ヒプノセラピーってどんなセラピー?
2.前世療法って?どんな効果があるの?
3.前世(過去世)体験
4.体験のシェア

日程:6月14日(水)24日(土)
時間:午後1時から (3時間くらい)
場所:ビクトリア(参加者に詳細を送ります)
参加費:30ポンド
人数:3名様まで

 

14日と追加の20日(火)はお蔭様で満席になりました。

有難うございます。
24日はまだ大丈夫です。

 

 

日程が合う方、自分の前世(過去世)に興味がある方は是非ご参加ください。
お待ちしております。

 

 

 

21 05, 2017

グラストンベリーのチャリスウェルでリトリートー最終日 part 2

続きです。

 

ロンドンヘ向けて出発。

親切なドライバーさんと会話をしながら (色々面白いお話や観光地など幅広くお話してくださいます)道は込んでいましたが あっという間にエイヴベリーへ到着。

 

ちょっと小雨が降っていますが。。。

おや??

 

 

早速パーキングで 当時の服装をしている人達に遭遇

まだ着替え中だったので これから何をするのか気になったけど 寒いのにご苦労様。

観光のガイドの方々かな? それとも当時の自然崇拝の方々かな?

彼らが何をするのか見たかったのですが、時間の都合もあるので巨石へ向かう。

 

 

沢山の巨石が並んでいる。

この並びは何を意味してるんだろう? ふとアイルランドの巨石たちも思い浮かべたり他の国々も巨石も。。。

宇宙からこれらの巨石がどのように地球上に並んでいるのか見たい!と思いをはせながら見つめていました。

 

 

 

 

 

今、そんなことを再び思いながら書いていると。。。。こんな記事を見つけました。

イギリスのストーンヘッジにも「死者の世界」と「生者の世界」をつなぐ祭礼の道があった イギリス ソールズベリー平原の「ストーンヘンジ」と「ウッドヘンジ」

http://www.infokkkna.com/ironroad/prezen/stonehenge2009.pdf

 

 

非常に興味深く、先日もグラストンベリーで私達が滞在していたチャリスウェルのすぐそばにもう1つの聖地があったのを知らなくて、これはまた行かないといけないのかな?と思っていたし、ストーンヘンジやエイヴベリーも。。。また違った見方をしながら楽しめるかも。

次回はストーンヘンジで他の巨石遺跡たちもちゃんと周りたい。。。。

 

 

 

 

 

 

。。。。。さて、グラストンベリーからの帰りによった最古の巨石郡のエイヴベリーでの思い出へ。

 

 

今も思い出して思うのは広いのどかな場所だなあ〜  

向こうの方まで緑

 

 

羊ものんびり〜🐑
こういったところでのんびり(?)過ごす生活もあるんだなあ〜。。。。

 

 

 

 

 

皆何でも良く知っているドライバーさんに色々と質問攻め。

本当に知識が豊富なドライバーさんです。

もしイギリスへいらして 是非お願いしたい!と思う方はご連絡ください。

 

 

話がそれました。。。巨石と広大な緑のの土地と羊さんたちを十分満喫して 雨も降ってきたので カフェへ。

体を温めてから いざロンドンヘ。

 

とても親切なドライバーさんは それぞれ3箇所の家の近くまで送ってくださいました。

本当に有難うございました。

 

 

さて、翌日は いよいよ日本からわざわざ参加してくださった方々が日本へお帰りです。

日本へのフライトが夕方だったので ランチタイムをご一緒に。。。。とランチタイムから私は合流。

 

 

日本からの参加者の方が滞在したパディンドンでB&BをしていらっしゃるYさんもご一緒に。

 

 

 

空港までは今回のグラストンベリー送迎の会社にヒースロー空港の送迎も頼んでいたので、その時間まで 観光したり最後のお土産ショッピングをしたり。

参加してくださった方、本当に有難うございました!!

(冬に日本で会いましょう!)

またイギリスへ、またはリトリート企画に参加してくださいね。

 

 

 

そして 佳織さんと。  お疲れ様でした〜〜!!

 

 

 

 

20 05, 2017

グラストンベリーのチャリスウェルでリトリートー最終日 part 1

グラストンベリー最終日。
なんだかあっという間。

皆んなは朝早くガーデンへ。

せっかくだから、と思うんだけど 。。。。。

何だろう、なぜだろう?行く気がしない。。。寒いから? うーん。。。。よくわからない。

穏やかな気持ち。コンピューターなどから離れていたこともあるだろうけど。。。。

なんだか長くここに滞在しているような感じもする。。。。とりあえず穏やかだなあ。。。。

そんなことを思いながらコーヒーを飲んでいるともうあっという間に朝ごはんを作る時間。

皆んなもう最終日なんだね、という気持ち。
早いなあ〜〜

 

 

 

そんなちょっと感傷に浸りながらあっという間に共同作業で朝ごはんは終わり。かたずけも終わり。

そこへ迎えに来てロンドンまでの送迎の車の運転手さんからテキストで もう1つ通り道の巨石郡があるエイヴベリー(ストーンヘンジよりさらに500年の遡る、4500年前に造られた英国最大のストーン・サークルのある村、ウィルトシャーのエイヴベリーだそうです)へ行くなら早めにグラストンベリーを出ますよ、と とても親切で有り難いオファー。それは行きたい!と全員一致で早めに支度をする。

 

 

今朝はグラストンベリー トーへ行ったりグラストンベリーアビーに行ったり。

荷物をチャリスウェルのオフィスに預け、皆んなでグラストンベリートーへ。

 

 

雨が降りそうだけど大丈夫だった。
そしていつも凄〜く風が強いのに あれ!?今日は強くない‼️
登るのに楽で嬉しい!

 

 

結構あっという間に登れた。

 

向こうの方に羊が見える〜〜

 

 

牛もいるかな?

 

 

朝早かったからか。。。といっても9時半くらいなんだけど。。。時期的なものもあるのかな?

珍しく人が居ない。2,3人に会ったくらい。。。(2人は犬の散歩)

ここでもチャリスウェルのガーデンのように私達貸切のよう。

のんびりしたグラストンベリー トーを味わいました。

 

 

今日の観光スケジュールは盛りだくさん。

グラストンベリートーに後はグラストンベリーアビーへ。

でも途中に何軒か教会へも。。。。⛪️⛪️⛪️

 

 

 

 

グラストンベリー アビーに到着。

以前見て回った違うコースで中へ。

 

いきなり「聖なるサンザシの木」
そのアリマタヤのヨセフが地に埋めた杖から生えた木の子孫であると伝えられている神木で、1年のうちのクリスマスとイースターの二度にわたり花を咲かせるという独特な特徴を持っており(このお花は女王に届けられるとか)、これはキリストの誕生と死を意味するとか。ちなみにこれは分け木で本木はWearyall Hill という丘にありましたが、残念なことに数年前に事故で燃えてしまって今では切り株のみが残っているとか?
ちなみにこの丘でヨセフは、休憩とお祈りのために歩みをとめて、持っていた杖を地面に突きさしたら、たちまち杖が大地に根をおろして、芽を出し、さんざしの木がはえたというお話。

 

 

有名なグラストンベリーアビーの建物の一部。ここにアーサー王のお墓があるので。

ここは英国最古のキリスト教修道院で かつてカンタベリー修道院と競うほどの権力を誇ったそうです。

しかし、1539年にヘンリー八世によって解体を命じられ略奪を受け、廃墟のような状態。

かなり大きな建物であったことは簡単に想像できます。

 

 

。。。と、しみじみ思いをはせながら眺めていると。。。。。

丁度隣に来たファミリーのグループ。ガイドさんを頼んでいたようで、アビーではどの様にヘンリー8世がカソリックの教会を壊す命令を下し、壊れた後 庶民が家を立てる為にアビーの石を持っていったか、またアーサー王のお墓のお話が。。。。ラッキー!

 

 

ここにアーサー王と后のお墓があったよう? でも、上記の写真の場所へ立派な棺が置かれていたとか。その棺は大理石でできており宝石類で飾られていたものだったとか。略奪を受けた際に、アーサー王の遺骨とされたものや墓を発掘した際に発見されたという品々も廃棄されてしまったそう。

 

 

 

そしてグラストンベリーアビーの台所へ。
当時の再現なんて私個人にはとても興味深い!!

こんな感じでクッキングしていたようです。

 

 

ここでまた前世ではクッキングをここでしていたのでは?など冗談が飛びまくり。。。

 

 

ここには かなり広く美しい庭園があるのですが、この日は寒く断念。

外にはカフェもあるのですが、やはり寒いのでどこか違うところでランチにしよう、と全員一致の意見。

 

 

グラストンベリーアビーの近く、グラストンベリーの中心地のところにあるフィッシュアンドチップスのお店へ。

せっかくイギリスにいるんだからイギリスの名物を食べておかないと!ね。

フィッシュアンドチップスや他のBuritish テイストのものを注文。

 

ちなみに思い切って私はステーキ&キドニーパイwithチップスを頼みましたが、誰もあまりシェアをする人はいなかった。。。(笑い汗)

昔の人たちはお肉を食べるときにちゃんと全部食すように心がけ、肉だけでは栄養素的に偏るので内臓を食べてビタミンを補ったと以前本で読んだことがあるんだけど。。。?

 

 

 

ランチが済んだら、チャリスウェルへ戻り 最後の最後にまたお店へ。
そして車でのお迎えの時間になったので オフィスから荷物を受け取り、ロンドンヘ向けて出発。
もちろん途中で巨石郡があるエイヴベリーによって。。。。

長くなったのでこの模様は次回へ続きます。

20 05, 2017

ブルガリアダマスクローズを使った チョコレートのテイスティングイベント

2月にもイベントを開催しましたが、西ロンドン、イーリング地区にて、チョコレートとお菓子作りの教室を開催していらっしゃるMy Sweet Academyさんと再びご一緒に「ブルガリアダマスクローズとチョコレートのテイスティングイベント」を月一で行うことになりました!

 

 

 

 

 

 

まずは6月の予定です。

日程: 6月17日(土)午後2時から約2時間 
場所:9Deans Road Hanwell W7 3QD (最寄り駅:Ealing Broadway)
料金:£20
ご参加されたい方はMy Sweet Academyさんのメールにてご予約下さい。
info@mysweetacademy.co.uk

 

 

 

この日の内容はチョコレートとローズを組み合わせたトリュフのデモンストレーションとテイスティング。
ローズと合うものを組み合わせた使ったガナッシュを使ったトリュフ作りのデモンストレーションです。

 

 

 

写真は2月のイベントのときのものです。

 

 

 

そのあとに King’s Rose満藤こと私よるローズに関するお話しとローズジャムやローズグリーンティーなどローズ製品のテイスティング(他にマッサージオイルやハンドクリーム、香水など手にとってお試しください)になります。今回はローズソルトも販売しようかなあ。。。?

 

 

 

 

 

 

イベント終了後にMy Sweet AcademyからはチョコレートをKing’s Roseからはローズ製品を購入していただけます。

 

[King’s Roseからの特別企画のお知らせ]
このイベントでKing’s Roseのすべての商品が20%オフになります。興味のある方は当日是非お買い上げください。
また、数が少なくなっている商品もございますが、トルコ商品ですと7月に入荷できますので当日ご予約でき、20%引きの価格で購入していただけます。

 

King’s Rose  FB pageに写真月で他のハーブや新商品を載せておりますのでチェックしてみてください。

King’s Rose FB page

https://www.facebook.com/mandoyuka/

 

宜しくお願いします。

 

 

18 05, 2017

[ King’s Roseからのお知らせ」ー ローズウォーターは500ml,から、ドライローズは 500gから、という大量注文も開始

[ King’s Roseからのお知らせ」です。

ブルガリアの農場から届けられるブルガリアの美しい自然に育まれた、ナチュラルな味わいのオーガニックダマスクローズウォーターとダマスクドライローズ(Rose Buds)を提供させていただいております。

 

 

 

このローズウォーターやドライローズは香りの素晴らしさはもちろん、飲食にも使えます。

 

 

 

 

蒸留には、ミネラル豊富な地下水を使っています。
薄めたりすることなく、添加物もない、100%そのままの自然な状態の美しい薔薇水です。ローズウォーターに含まれる精油成分は、他の製品よりも高く、ブルガリア政府が指定している最低精油濃度(0.025%)の約3倍の0.072%の濃度となっております。

 

 

今まで ローズウォーターは100ml ドライローズは20gから販売させていただいておりましたが、ローズウォーターは500ml,から、ドライローズは 500gから、という大量注文も開始いたしました。

 

飲食店の方々にも飲み物やお料理にこの良質なダマスクローズウォーターとドライローズを使っていただけたら、と思います。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

14 05, 2017

グラストンベリーのチャリスウェルでリトリートー2日目

グラストンベリーのチャリスウェルでのリトリート2日目の続きです。

 

が!!

 

その前に、グラストンベリーってイギリス、いやヨーロッパ最大のパワースポットであり、世界中から人々が訪れるかなり有名な場所である、と思い込んでいましたが(私の周りのスピリチャルに全く興味がない方でもグラストンベリーのことは知っていましたし。。。)、 案外知らない方も多い。。。。。

 

グラストンベリーと主な観光場所がシンプルに書かれているリンクを見つけたので 見てみてください。

イギリス最大のパワースポット「グラストンベリー」に行ってみよう

https://www.travelbook.co.jp/topic/2129

 

私達が滞在したチャリスウェルは世界中から沢山の人たちが訪れ、瞑想をしたり、とそれぞれの思いをはせながら過ごす聖なる場所のひとつです。

そしてリトリートハウスはかなりの人気でなかなか予約が取れないので、私達はかなりラッキー!

朝からお庭も独り占め。

私達はそんなお庭を朝早起きして十分に楽しみました。

 

 

そして朝食。

皆で手分けして作ります。すごーくスムーズ。素晴らしいチームワーク!

ここでなんだか不思議な感覚が。。。むかーしむかし なんだか私達って家族だった。。。。。。???

(あとで聞くと皆そんなことを感じていたよう!)

 

 

滞在中はベジタリアンメニュー。大きなサラダボールの向こうにはゆでたブロッコリーやぶどうなども。

 

 

 

朝食を食べ終わったら 皆でさっとかたずけ、オーラソーマの天使ワークのワークショップ。

 

 

このミーティングルームでオーラソーマのワークショップ。

「その人をサポートしている3人のガーディアンエンジェルと出会う」

(72の天使とカバラワークショップ)

 

オーラソーマセラピストの佳織さんからハンドアウトをもらいオーラソーマカラーケアシステムが誕生することとなった写本や天使の名前についてとどのようにトレーニングを行えばよいのか(意味も含めて)など ざっと簡単に習い、自分の天使のボトルと対面。自分の3つのボトルを見て持って、どのように感じたかシェア。

 

 

 

私のエンジェルボトルたち。

私は本格的なオーラソーマの生徒さんでは無いので自分のボトルは無く この時だけ見せて(貸して)頂きましたが、写真を見ているだけでも愛着がどんどん増してきます。

 

今でも色からだけ見ると強さ、優しさ、深さを感じるのですが、感想のシェアのあとは佳織さんから自分のボトルの詳細を書いたハンドアウトをもらい、それぞれのボトルたちのことを確認。

 

私はまさにヒプノセラピー(前世療法)のセラピストをするためのようなボトルの意味たち。。。

自分はちゃんと決めてきたことに沿って生きてきたんだな、とふと再確認。

あと、感想をシェアしたときに友人ヒプノセラピストとい互いにセッションをやりあったときの内容を再び思い出させてくれました。(これ、後に現実に起こりました。だから天使が起こる前に思い出させてくれたのかな?)

また、ボトル名からも感じるものが沢山あり、前の日の前世療法ワークショップで見たことも重なり合って前世療法特有の何層もの(幾通りもの)意味が読み取れます。

また、オーラソーマはカバラからきているので私が最近学んでいることとも共通点が。

とても楽しい内容でしたが。。。1つだけ。。。チャンティングするときに歌うのが妙に恥かしく。。。

私はもともと恥ずかしがり屋なのですが、私の天使も恥ずかしがっていたのかもしれません。

 

予定がかなりびっしりなのですが、グラストンベリーでも買い物をしたい、という声をきいて少し早めにワークショップを終え、グラストンベリーのハイストリートの店などを回り、帰ってきて皆でぱっと夕食を作り、夕食をとり。。。。ああ、まるで家族のよう。。。。(細かいところまでイメージが浮かびます。。。笑い)

 

 

 

夕食後はかたずけをして今度は未来療法、「現在に最も必要な未来の自分に会いに行く」

(どの未来を見るのかは みんなで話し合って決めました)

前の日の瞑想ルームにするかオーラソーマのときと同じミーティングルームにするか。。。場所と気分をかえてミーティングルームにしたのですが。。。。もしかしたら瞑想ルームのほうが良かったのかな?

いや。。。皆スケジュールびっしりで疲れ気味なのでミーティングルームのほうが良いかも・と思い決めたのですが。。。たぶんどちらでも同じだったかも。

 

あとは、レイラインの影響を受けて異次元的?霊感的?にかなり影響されていた方もいて なかなか難しいワークでした。

状況の詳細は。。。。

私自身、誘導をしていることもあって見れるときと見れないときとあるのですが、この時は見れなかったです。でも、今になって考えると前世療法とその前の友人とのセッションで未来を見ているので(オーラソーマでは思い出させてくれていたので)必要は無かったかと思います。

では他の方々は。。。。?

いつもはセッションでは(ワークショップも)簡単にみられる方と思いますが、以前そういえば未来では苦心した覚えが。。。今回も。。。最初は光があって白いドアをでて、細い道路で真っ暗に。 トンネルに行って先が見えなくてそれ以降見えなかった。

もう一人未来に行けなかった方が。。。この方は白い壁に木のドアを通り抜けて田園風景に。歩くところ整備されている。そこから光が沢山で周りが見えない。この光は心地よい。。。ドアに吸い込まれて戻ってきた。

 

これについては色々場所柄の影響があった感もあり、また必要なかったのかもしれません。更にこのあとで現実の世界で変化が見られていたので、このときにはイメージとしてでてくるのが難しかったのかもしれません。

いずれにせよ、ご当人達は何かしら意味を受け取っていてどうしてこうなったのかわかっているかもしれません(全部でなくても)。

 

他にはギリシャのアテネにいるお爺さん。木の扉を通って海が。白い壁にヨットと街並みが見える。向こうには自分が楽しそうにいる。草原で白い竜が登っていく。これで世界を含めてレイラインを旅していくのかな?ト解釈したよう。睡魔に襲われて。。。。トンネルをぬけると10年後くらい。なぜかある有名人が浴衣姿でちょうちんを持って穏やかにニコニコしてたたずんでいる。背景は見えない。このイメージから色々と自分のうちを探求してくださいました。そういった意味と解釈するのか、自分にはこういう意味だと思うなどなど。。。

 

身体的にもこのレイライン上の場所に敏感に反応している感もあり、あまり深く意味や象徴などを考えず、早く休むほうが良いと判断し 早く終わりにしました。

あと、私と同じように前日の前世療法でも未来を一部受け取っていると感じます。また、オーラソーマのワークも影響していると。

今思えば 凄く個人的には一番興味深い時間でした。

 

 

一日はあっという間。。。

次の日はもうチェックアウト。

グラストンベリー最終日の様子は次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10 05, 2017

Shanti Day ヒプノイメージ瞑想ー地球のコアと繋がり自分の状態を見つめ、生きていく強さを今すぐ手に入れる

毎月、第1金曜日に北ロンドンにて行われている とても好評なShanti Day 瞑想とヒーリング。

6月は私、満藤がヒプノセラピストとして参加させて頂きます。

 

6月のこのイベント時期は丁度ハーフタームホリデー中。

ここのところ、自分も周りにも変化のとき、新たなことがはじまろうとしている、または新たなことがはじまっている、そんな方があちらこちらに。そんな時気持ちや自身がエキサイティングして凄く楽しみであるのと共に不安がこみ上げてきたり心配になったり、ふわふわ感があり うまく反映することが難しく感じられたりするかもしれません。

そんな時期にぴったりなグラウンディングのイメージ瞑想をしたいと思います。

変化は特にないよ、という方にもグラウンディングは常に大事なことなので是非ご一緒しましょう。

 

 

 

 

 

Shanti Day 瞑想とヒーリング の詳細

日時:6月2日(金)11:00~12:30

場所:フィンチリー (詳しい場所は、お申し込みのあった方にお知らせいたします。)

10名様限定

料金:25ポンド

 

お申し込み、お問い合わせは、yorozuyauk@gmail.com までお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

Shanti Day 瞑想とヒーリング の流れ

 

1.「あなたは何の木?」- グラウンディングのイメージ瞑想

地球のコアと繋がり 自分の状態を見つめ、生きていく強さを今すぐ手に入れる

 

「グラウンディング」ってよくきくけど どんなこと?

グラウンディングとは「地に足を着けて 現実的に生きること」を指します。また、目的達成や集中力、「今ここにいる」という意味も。

 

「グラウンディングの効果」

グラウンディングは肉体を持ち現実世界を生きている私達にとって 非常に効果的で必要不可欠なものです。

グラウンディングを行うことで。。。

*「今ここ」を生きられるようになり 不安や心配が減少する。

*自分に自信を持ち自己を確立し、ネガティブな影響を受けにくくなる。

*安定感と集中力が増し、目標達成力が向上する。

*大地から必要なパワーを得ることができる。

など現実世界を力強く生きていく力を身につけることができます。

 

「どんな風にイメージ瞑想は進んでいくの?」

最初、第一チャクラを地球のコアにつなげるイメージ瞑想をします。そのあと続けて自分が木になるイメージ瞑想にはいります。ここで木の状態(自分の状態)を見つめ、どんどん自分を好ましい状態にしていきます。大地、地球によりしっかりと繋がって自分の必要な栄養を沢山もらいましょう、大地をしっかり踏みしめて高くジャンプできるように。

 
2.グループヒーリング
Masakoさんのメディカルレイキ、NAOKOさんのクリスタルボウルの音によるリラクゼーションを行います。

こちらでも最初のリラクゼーションで誘導をさせて頂きます。リラーックスして頂き、Masakoさんのメディカルレイキと  Naokoさんのクリスタルボウルを思う存分堪能して頂きます。

 

 

3.歌ヨガ Masakoさんのリードによりチャンティングをおこないます。
*お時間のある方は、ランチを一緒にしながら、ゆっくりしていっていただけます。
お弁当を8ポンドで、ご予約いただけます。

 

 

午後は、私、満藤のヒプノセラピー含め、様々なセラピストによる個人セッションも可能です(要予約)

☆ 満藤由加の個人セッション

*ヒプノセラピー 90分 £70
(年齢(胎児)退行、前世退行、中間世、未来世、心と体の対話、グラウンディング、守護霊との対話、インナーチャイルドヒーリングから、お選びいただけます)

ヒプノセラピーについての説明やセッションの内容の説明など色々な詳細は ご面倒ですがウェブサイトをご覧ください。

http://yukamando.com/

☆ 大村直子の個人セッション

*Sorensen Japanese cosmo face lifting 60分 £45

http://www.facialreflexology.jp/?page_id=255

☆ マヒューズ雅子の個人セッション

*ホメオパシー £75
*メディカルレイキ 45分 £55
*アクセスバーズ 60分 £65

http://yorozuyauk.wixsite.com/home

お申し込み、お問い合わせは、yorozuyauk@gmail.com までお願いいたします。

 

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

10 05, 2017

薔薇の香水たちーご自分用、または大切な方へ

[薔薇の香水たちーご自分用、または大切な方への贈り物にいかがですか?]

 

イギリスの母の日は3月末でしたが、日本や他の国々では5月に母の日でしたね?
また、ロンドンはまだ肌寒かったりしますが、どんどん暖かく、または熱く感じられる陽気になってきているかと思います。
汗のにおいなど気をつけ始める季節になってきていますね。

 

そんな中、薔薇の香りの香水はいかがでしょうか?

 

 

① King’s Roseの自慢の商品の一つ、薔薇の練り香水。(£40)

ブルガリア産オーガニックダマスクローズの花びらの部分だけを贅沢に使った、自然の薔薇の香 りたっぷりの練り香水。着色料無添加。自然の花びらの色です。 裏ワザとして、目じりにちょっとだけつけると3日で小じわが気にならなくなります。薔薇には強い抗酸化作用があるのですが、これは薔薇そのものを固めたようなものですから強力 です。 この練り香水は 香水としてではなくお肌のお手入れとして使用する場合は朝ではなく、夜のお 肌のお手入れにご使用になると良いです。
特にこの商品は他ではなかなか手に入りません。

また、練り香水を使い終わったあと、もしくは次回お買い上げの際に使い終わった容器を持ってきてくださると£35になります。

 

 

 

 

 

 

② クリーンローズの薔薇の香りの香水を3種類(女性用)

香水は同じスパルタローズを使っていますが、調合が少し違い香りも違います。

17番と22番をご用意しております。( 各£25)
22番のほうがナチュラルな薔薇の香りに近いです。
17番は洗礼された香りになっています。

 

 

 

 

 

 

もう1つはペンタイプ(£5)の携帯用薔薇の香水です。
こちらはナチュラルなスパルタローズの香りです。

 

 

 

 

 

③ Clean Rose ローズエッセンス (5g) £12

素晴らしく良い香りです。こちらのローズエッセンスはローズ100%、しかもノンアレルギーです。 アレルギーのある方でも安心して直接お肌につけていただけます。

 

 

 

 

 

 

「薔薇の効能、効果」として
1. アンチエイジング・美肌効果
2. ストレスを軽減、リラックス効果で安眠効果
3. 記憶力アップ
4. ホルモンバランスを整え、体調を正す
5. 性的魅力がアップ?媚薬効果も

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

9 05, 2017

グラストンベリーのチャリスウェルでリトリートー2日目 朝一番

グラストンベリー2日目。
朝5時くらいに起きて用意して宿泊者の特権!!の私達だけのチャリスウェルガーデンへお散歩に。

鳥達の素敵な歌声を聞きながら散策。

 

 

リトリートハウスのミカエルハウスの裏庭からチャリスウェルガーデンへ。

 

 

向こう側にあの聖なる井戸、チャリスウェルが。 ちゃんと向こうへもいけれます。

 

 

 

 

 

世界中から沢山の人びとがここにやって来るのに  こうして私達だけでエンジョイ出来るなんて。。。。

なんて素敵で贅沢!

思い思いに思うままに思うところでじっと座って色々と感じ対話をする。
優しいエネルギーを感じ、心が凄く安らかに落ち着いていく。。。。。

 

 

体が冷えてきたので 中へ戻ってコーヒーを飲む。

と! まだミカエルハウスの写真を撮っていなかったことに気がつく。

コーヒーで体が温まって ミカエルハウスの写真を。。。。。

 

 

ミカエルハウスは全部で6部屋、トップフロアーの瞑想ルームを入れると4階建てのおうちです。

最大11人まで泊まることができ、各フロアーにシャワールームとトイレがあるので 混雑することもなく快適。

 

 

まずドア。。。。リビングルームから見たドア。

 

 

 

リビングルーム

 

 

お部屋は私の部屋の写真のみ。 ちなみに私の部屋が1階。 どのお部屋もとても可愛い。。。。

 

ひろーいキッチン。全部そろっています。快適なキッチン。

 

ダイニングルーム。 天使の羽の飾りが彫られているいすも。

 

 

グラストンベリーといえばアーサー王のことも忘れてはいけません。

ダイニングルームにはアーサー王の絵やアーサー王の剣、エクスかリバーらしき像も。

 

 

ダイニングルームの隣にミーティングルーム。

このミーティングルームも私達の貸切。陽が燦燦と入ってくる素敵なミーティングルーム。

 

 

2階3階はお部屋とシャワー、トイレがあり、 4階のトップフロアーは瞑想ルーム。

 

 

 

写真を撮り終えて下へ行って またコーヒーを飲んでいると皆がガーデンからポツリポツリと戻ってきて。。。 さて、そろそろ朝食を作る時間。

そして朝食のあとはオーラソーマのワークショップの時間です。

 

長くなったので次回へ。

 

7 05, 2017

グラストンベリーのチャリスウェルでリトリートー1日目

リトリート前のロンドン観光も無事終えて いよいよグラストンベリーのチャリスウェルでのリトリートの当日です!

初日はグラストンベリーまで行く途中にストーンヘンジでの観光も入っています。

 

 

 

じゃーん!!   この日、18日に行ったストーンヘンジ。

 

 

 

前もって作ったリトリートの3日間の内容(流れ)はこちら。
18日-9時 パディンドン駅に集合し、車で移動
ストーンヘンジへ(1時間30分滞在)
グラストンベリー、チャリスウェルに14時到着しチェックイン
ランチ
イメージ瞑想 (この2日間の目的-どんな自分になっていたいかなど)
夕食
7時―9時 前世療法グループワーク
「現在に影響している前世の自分に会いに行く、対話する」
就寝

19日-天使ワーク
「その人をサポートしている3人のガーディアンエンジェルと出会う」
ランチ (チャリスウェル宿泊先で)
天使ワーク
17時-19時 夕食
19時30分―21時30分 未来(世)療法グループワーク
(何年後の未来を見るかはそのときみんなで決める)
就寝

20日-10時30分 チェックアウト
観光 (グラストンベリー トーとグラストンベリーアビーへ)
16時 チャリスウェルより車でロンドン、パディンドン駅へ

 

予定と実際の行動はなかなか一致が難しいときもあるもので、大体はスケジュールどおりに進みましたが グラストンベリーの町(お土産を買う時間)なども設けてかなり内容の濃い、毎日スケジュール一杯!!のリトリートとなりました。

あと、ここは2本のレイラインが交差しているところという事をもっと頭に入れていたほうが良かったかも。。。

 

 

どこが一致しなかったって? 何を頭に入れておく。。。?

それは ブログの中にさりげなく少しですが書いてあったりします。。。。

 

 

 

 

 

4月18日。グラストンベリー、チャリスウェルでのリトリートの第一日目。

少しでも長くストーンヘンジにいれたほうが良いでしょう、という車送迎をお願いした会社の方の有り難い計らいで 8時半にパディンドン、滞在していたホテルと駅の前で待ち合わせ。

まずはストーンヘンジへ、と出発しました。

 

 

昨年も写真の撮りましたが、上記のように途中に菜の花などの黄色の素敵な景色や

 

 

放し飼いの豚さん達と豚さんたちの小屋が。。。。

放し飼いの豚のお家ってこんなんだったのかあ。。。。知らなかった。

 

 

そんなことまでご存知なドライバーさんの観光案内がまた素晴らしい。

へえー。。。。と景色を見ながら、しかもぽかぽか暖かくて良い気持ちなはずなのに。。。。

 

 

 

あれ?私、気持ち悪い。。。車酔いかしら?  頭がぐるぐるする。。。。

頭だけでなく背中のほうからもぐるぐる、ざわざわ。。。。冷汗が出てきて、休憩によってもらいました。

休憩のスターバックスでは皆中に入ってコーヒーなど飲んでいる中、私は風がふいて寒いのですが外でできるだけ太陽が当たるところを求めて座っていました。

中に入るとまだなぜか頭がぐるぐるするので。。。外にいると寒いけど気持ち良く、気分は楽に。

何時までも休憩しているわけには行かないので 出発。

 

 

ストーンヘンジまでの道のりやグラストンベリーへの道のり。。。。確かレイライン上だったっけ。。。?

いや他の体調的な理由かな?(疲れとか)回転する乗り物に乗って頭がぐるぐるしているみたい。。。

これはできるだけ眠っていたほうがいいのかも?と一人相変わらず無口に、寝たり起きたり。。。

 

 

休憩からすぐにストーンヘンジへ到着。

 

 

ストーンヘンジへ行くエントランス。

このエントランス、5年位前にできたらしい。びっくり。昔来た時にはなかったもの。。。

 

 

エントランス付近に。。。。

 

 

 

 

 

ぱっとメインのストーンヘンジを見て回る短いコースとじっくり一日かけて年代別色々な巨石後など見ることもできる。次回はじっくり一日かけて全部回ってみたい。

 

 

ここから少しはなれたところからメインのストーンヘンジの近くまで行くバスがあり、そのバスで移動。

 

 

 

 

ここでは全部写真は載せませんが、ストーンヘンジの色々な角度からの色々な表情を写真に。

ストーンヘンジの色々な角度からの表情はとても興味深く 古代はどうだったのかなどの思いをはせながらエネルギーを感じる。

 

 

この日はとても風も強い寒い日でしたが 時間をかけてみんな様々に感じ取っているようでした。

 

 

そして一通り見終わると風で冷えた体を温めるのにランチはスープ系が一番!

 

こちらは「ストーンヘンジホットポット」。

 

 

本日のスープも良かったけど(他の皆はこちらをオーダー。トマトとバジルのスープでした。) 「ストーンヘンジホットポット」という名前に引かれオーダーしました。

アイリッシュシチューと同じかな? どっしりと食べ応えありました。しかも温まったわ!

 

食後、一通りお店を見て。。。。見ているとき。。。。

さすがパワーのあるところ。

一瞬大きな地震か!!思わず叫びそうになるくらい揺れたのですが。。。。?????

あれ???? みんな平然と色々と見ている。。。。。

誰にきいても揺れなかった。。。

 

 

そしていよいよグラストンベリーのチャリスウェルへ。

また、頭がぐるぐるしないかなあ??と心配だったので また寝てしまおう!と寝たり起きたり。。。

そして しばらく寝ていたか。。。。グラストンベリーにはいって目が覚め。。。。でもぼーっ。。。。

車の中で皆の可愛い家、綺麗だ。。。などおしゃべりが聞こえる。私の目は開いたり閉じたり。。。。

が!!

さすがにグラストンベリーの中に入るとやらなくてはいけないことがあるので すっかり起きて翌日の朝食やランチなどの食料調達ができるスーパーマーケットに車があるうちに行ってもらい、買い物をしてチャリスウェルに。

 

 

到着!

初めてのチャリスウェル滞在。

 

 

早速、皆が車から荷物を下ろしてドライバーさんとお話しをしている間に 私はレセプションでチェックインの手続きを。その後皆で滞在するリトリートハウス、ミカエルハウスへ。

 

 

案内をしてもらっているときに。 沢山の石たちが。。。ストーンヘンジのよう??

 

 

ミカエルハウスの裏庭。

 

 

 

皆でチャリスウェルのレセプションの方が説明してくださることをきく(ハウスルールや鍵の説明など)。

お茶を入れてそれぞれの部屋を選ぼうか。。。というときに丁度タイミングよく電話が。

そして他のメンバーと合流。さっとそれぞれの部屋をもう一度見ながら部屋割りを決め、荷物を置いて夕食へ。
町に出てイタリアン。

 

美味しかった!外れのないイタリアン。ちゃんと本物のイタリアンの方たちがお店をしていらっしゃいます。

 

 

 

 

帰ってきて トップフロアーの瞑想ルームへ。

 

この日はこんなに明るくなく、キャンドルをともして瞑想を行いました。

 

 

まず、このチャリスウェルにいる間、そういったことを見つめ、このリトリートが終わる頃にはどういったことを発見し、どんな自分になっていたいか?

 

 

まず私は ずっと忙しく体調も良くない日が続いていたので 自分はどんな状態なのか?もっと自分との対話をして自分はどう思っているのか知りたい、いつも感じていることは本当にそうなのかどうか、確かめたい、という気持ちだったのでこの絵を。

 

 

他の方々は自分をもっと愛せるようになる、とかこのワークショップ中にあることを深く確認したい、そして準備をする、とか自分を浄化し自分の気がついていない質を開花させる、とか場所が地球のハートチャクラなのでハートからこみ上げてくるものを探しハートエンジェルを再生する、チャリスウェルの庭を歩くだけでチャクラが整うようにできているときいているのでチャクラのバランスを整えたい、過去世のカルマや恐れを解放したいなどなど。。。

 

シェアを有難うございます。

 

 

そして、せっかく地球のハートチャクラのグラストンベリーにいるので ハートチャクラのイメージ瞑想、どんな自分のハートのイメージだったのか絵に書き、皆で再びシェア。

 

 

私の絵。こんな感じだった。

 

他のメンバーは。。。。

凄く素敵なイギリス式のテーブルの前に乗っている。2人の天使にサポートを受けている(心の成長のため)。

ふわふわ羽がついているような注に浮かんでいるような。。。心地よい感じ。朗らかな気分だけれど周りの情景が見えない。

城の台座にある心臓。でも屋外には男の子が。。。。。若さを求めているのか?自分にないものなのか?凄く意外なイメージ。

王冠がハートのイメージ。ハートはぷっくりして立体的。フレッシュでいい感じなのだけれどなぜか涙が止まらない。心を解放?自分の大切にしているものを解放?感覚としてあるけど何かわからない。でも長い間待っているような気がする。

などなど。。。。

 

 

その後、前世療法のワークショップ、「現在に影響している自分に出会う」。

ここのふいんきなのか、誘導しているときにふと思ったのがロンドンの家のこと。そこでふとピラミッドがなぜか浮かんできてロンドンの家を囲んでいる。それがだんだん色などから異次元風に。場所的にレイラインの影響でエネルギーが強いので 瞑想ルームのふいんきも手伝って、なんだか異空間のような場所で興味深いイメージが。。。そしてローマ帝国後期の兵士が出てきた。私はまた?とおもい、そのあとであー、この時のことはバランスが取れて終わりなんだ、もすぐ終わり、と感じました。

 

他のメンバーは、ギリシャ時代の男性であった自分で感覚をもっと感じることが大事、とメッセージをもらったり、4,5歳くらいの男の子でいつもニコニコ朗らかな笑顔の男の子であったり、最初男性が出てきて、でも真っ暗で見えないんだけど水を大切に、とメッセージをもらったり人とどう繋がっていけばいいのか?無理しないで一人で生きていけばいいんじゃないのか?などのメッセージ。誘導の際にはすの花が観音様に。そして天使と一緒にキリストが衝天するときに自分が一緒に寄り添っている、凄く幸せな気持ちであったり場所はイギリスで嵐が丘のような場所で石造りの家の中が見える。中には人が居ない。荒野に女性。愛情を大切にしている人。何事にも愛をこめている。どんな形であれ愛を分かち合っていけばよい、などなど。。。。

 

しかし、皆もう凄く眠そう。。。。

このまま深く追求しないでそれぞれの部屋へ行って休みました。お疲れ様でした。

第一日目は有意義に終了。

おやすみなさい。。。。。。。しかし車の中で寝たからか、場所が変わるとなかなかぐっすり眠れないからなのか。。。2時3時くらいに目が覚める。。。また寝ようとする。。。私。

この続きは次回に。